MARCESTEL Official Site.
HOME > イベント・展示会 > 第2回マークエステル展

【展覧会】第2回マークエステル展

5月14日より開催を予定しておりました、第2回マークエステル展は、新型コロナウィルス感染予防・拡大防止に伴う緊急事態宣言の発令に伴い、お客様への感染リスク回避の観点から、 緊急事態宣言の期間後ではございますが延期とさせて頂きます。
新たな開催スケジュールは社会情勢等を見極め、改めてご案内申し上げます。
皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

本展覧会は、株式会社ベネシード主催の特別展覧会となっております。
ご来場には、ベネシードディーラーのご紹介・ご案内が必要となります。

会期

2020年5月14日(木)〜5月17日(日) 開催延期となりました。

会場

ベネシード東京本社3F 特設会場 〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36 ワイマッツ広尾(山種美術館 3F) → MAP

主催

株式会社ベネシード

・ベネシードオリジナル水彩原画を始め、本展覧会のためだけに書き下ろしたオリジナル絵画を出品いたします。
・過去から現在までの作品、原画とジクレー版画をご用意しております。
・マークエステル本人も来場いたします。

フランス名門貴族の家系、少年時代に巨匠シャガールとの運命的な出会い。
日本の水墨画に魅了され、導かれるように日本神話を描く。

No.12447 猿田毘古神と天宇受売命の燃える愛(マークエステル画)
猿田毘古神と天宇受売命の燃える愛
No.12431 因幡の白兎に回復の方法を教える大国主神(マークエステル画)
因幡の白兎に回復の方法を教える大国主神
No.12441 天の御柱を回り、お互いを讃美する伊邪那岐命と伊邪那美命(マークエステル画)
天の御柱を回り、お互いを讃美する伊邪那岐命と伊邪那美命
No.12446 足名椎と手名椎を前に、その娘の櫛名田比売を守ると誓う須佐之男命(マークエステル画)
足名椎と手名椎を前に、その娘の櫛名田比売を守ると誓う須佐之男命

【注意事項】
・展示されている絵画には触れないでください。
・オリジナル絵画の原画の販売につきましては先着順となります。
・開催日により展示、販売する作品が異なる場合があります。
・時間帯により作家が不在の場合があります。

マークエステル・スキャルシャフィキ MARCESTEL SQUARCIAFICHI

1943

フランスパリ生まれ その後、コートダジュールに移住

1950

両親がエズに「カップエステルホテル」を創立。壮大な庭園とそれに続く深い紺碧の地中海が混ざり合う独特な雰囲気の中で過ごす 
シャガールと交流し「君は絵描きに向いている」と勧められる

1960

パリ大学で経済学学士、国立東洋語学校にて中国語、ロシア語の学士取得 美術学校でも学ぶ

1968

フランス外交官としてラオスにて勤務

1970

大阪万博で日本を訪れ、水墨画のにじみの美しさに感銘を受け、画家になることを決意

1974

油絵でにじみを表現する独自技法確立 ニューヨーク、パリ、東京などにて個展開催

1987

アフリカ、及びアジアの子供たちの支援を始め、現在トーゴ、ブルキナファソ等で3つの学校を運営

1989

東急文化村オープニング記念展 銀座ソニービル全館で展示会を開催

1996

伊勢神宮、出羽三山神社の依頼により作品奉納したことを機に、奉納活動開始

2006

画集「日本神話」を7ヵ国語で出版

2008

上野の森美術館にて「日本神話」展開催 北京オリンピックテレホンカードに作品起用

2010

上海万博にてアートディレクターをつとめる

2014

文化関係者文部科学大臣表彰を受ける

2015

九州国立博物館で個展を開催、来日45周年を迎える

2017

作品を舞台芸術化した公演、「日本神話by マークエステル」を開催

2018

白沙村荘 橋本関雪記念館などで個展開催

2019

「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で活動と作品が紹介される
現在、全国180社を超える神社に作品を奉納
世界各国にて個展多数
さらに詳しい経歴についてはこちらをご覧ください。→ マークエステル・スキャルシャフィキの経歴